蜻蛉の手帳

北海道東部を拠点に、昆虫のトンボを中心とした観察記録・写真を掲載しています。 なお、某有名文房具とは一切関係ございません。

path

昨年に紅葉狩りへ出掛けた森の小径へと行ってきました。盛りはやや過ぎつつありましたが、それでも目を楽しませてくれます。

Mizuki
ミズキ

Kosiabura
コシアブラ 

紅葉と聞けば、字の如くカエデ類がまず思い浮かびますが、野山の木々をよくよく見ていると他にも紅葉する種がたくさんあります。
ミズキの濃黄色もさることながら、コシアブラの上品な淡黄色も美しい物です。

Miyamakakesu
ミヤマカケス

そんな秋の森の中を、『ギャーギャー』という鳴き声を発しながら飛び回るミヤマカケス。今年は好物の堅果(どんぐり類)が凶作のため、心なしか忙しそうに見えました。


弟子屈町 2020年10月25日 

Yamadorizenmai
ヤマドリゼンマイ

Yamaurusi
ヤマウルシ

Miyama
ミヤマアカネ♂

とうとう日光浴をするアカネ類が目立つ季節になってしまいました。今週末に至っては最低気温が-1℃という予報が出ているので、この日が年内最後のトンボ観察になるかもしれません。
白一色の長い冬が来る前に、紅葉と赤トンボの色をしっかりと脳裏に焼き付けておきたいものです。


弟子屈町 2020年10月2・10日

天気予報によると週末からの最低気温が7℃と出たのですが、現在進行形で室内に長袖でいても肌寒いため、試運転も兼ねて早くもストーブを点けました。
秋が始まったばかりなのにもう冬なの??、と突っ込みたくなる気温です。

Mutu1
ムツアカネ:交尾

Susuki
ススキ

道東でトンボたちと戯れる事ができるのも、持ってあと1ヶ月というところでしょうか。

阿寒町 2020年9月19日 

Kooni1
コオニヤンマ♂

Canonのfisheye zoom 8-15mmを一昨年に購入しましたが、購入にあたって撮りたいと思っていた構図、と言うよりもその構図で撮りたいがために購入を決めたのが、広大な湖を背景に静止するコオニヤンマの姿です。
昨年はレンズに慣れるので精一杯でしたが、一年色々試したお蔭で扱いが少しだけわかり、加えて今年はコオニヤンマが比較的多いのも幸いして、思い描いていた姿を納めることが叶いました。

完璧とは行きませんが、憧れの一枚が撮れると愛用のレンズに対する愛着が増しますね。

Kooni2
コオニヤンマ♂:ルリイトトンボ♂を捕食

そして、広角レンズを装着している時に限って、マクロレンズ撮影向きの瞬間が訪れる(その逆も然り)のは『撮影家あるある』なのかもしれませんが、今回もfisheye zoom 8-15mmを装着している時に限ってコオニヤンマがルリイトトンボを捕食する瞬間に遭遇しました。
なので、これは苦し紛れのトリミングです。 

しかもこの後の帰りがけには、別の個体がキベリタテハを捕まえた瞬間にも遭遇したのですが、 そのような面白い行動を見せてくれる時に限って、すぐに飛び去ってしまうというのもよくあるパターンですね。


弟子屈町 2020年8月27日 

ルリイトトンボとしばし戯れてみました。

Ruriito1
Ruriito2
Ruriito3
ルリイトトンボ♂

いざ相手にすると、結構動き回るので単体での撮影をすんなりとさせてくれません。
今回はあえてイソツツジ(エゾイソツツジ)に止まっているところを狙ったのですが、この植物は道内の特に湿地や高山帯で見られるので、北国の水辺らしい青い妖精のいる風景になりました。


弟子屈町 2020年8月24日

このページのトップヘ