蜻蛉の手帳

北海道東部を拠点に、昆虫のトンボを中心とした観察記録・写真を掲載しています。 なお、某有名文房具とは一切関係ございません。

Sioya1
シオヤトンボ♀:産卵

6月下旬と言えども朝晩肌寒い季節ですが、晴れた日は時に25℃近くまで上がる事もあるので、トンボ達もそれなりに活発になりました。


Sioya2
シオヤトンボ♂:日光浴

Sioya3
シオヤトンボ:産卵中の♀(右)・♀を取り合う♂(中・左)
(左の♂が♀のパートナー、中央♂が乱入者)

個体数が多い時は、人気の休憩場所で文字通り『三密』となる事もしばしばです。
ただ、仲良く休憩しているかと思いきや、次の瞬間には『手のひら返しの三角関係からの修羅場』というラブコメの定番的状況(?)にも事欠きません。


Torahusizimi
トラフシジミ:吸水

壮絶な恋のバトルが空中で繰り広げられる中、足元ではのんびりと休憩(観戦)している昆虫もいる訳で、その温度差が面白くもあります。


弟子屈町  2021年6月19日

Tumatorisou
ツマトリソウ

Karakaneito
カラカネイトトンボ♂

今の時期、特に道東では沿岸部で濃霧が発生するのですが、霧の影響で日光が遮られて気温が下がり、6月中旬だというのに朝晩はストーブを点ける事もあります。
そんな季節の湿地に現れるカラカネイトトンボは、正に霧の妖精といったところでしょうか。


釧路湿原  2021年6月18日 

Ezoyamazakura
エゾヤマザクラ

Miyamaenreisou
ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)

道東でも桜が満開になりました。
テレビに映る本州の景色は、木々の葉が青々としていたり、沿道にツツジやフジが咲いていたりするので、こちらの外の景色と見比べる度に「日本て広いな」と感じます。


弟子屈町 2021年5月15日 

Otunen1
オツネントンボ

Otunen2
オツネントンボ♂:翅の掃除中

道東のトンボシーズンが開幕しました。
2020年は5月9日に確認したので、トンボ面での季節の進み具合としては昨年と同じという段階です。

ただ、今週は気温の低迷が続き一時は雪が舞う程だったので、開幕早々ながら休演状態になりそうです。


弟子屈町 2021年5月8日 

Himeitige
ヒメイチゲ

Kotubame
コツバメ

Ezooomaru
エゾオオマルハナバチ(女王):休憩中

フクジュソウがあっという間に葉だけになり、入れ替わるようにヒメイチゲが咲き始めました。無事に冬を越したコツバメも現れましたが、地面に止まると枯葉に紛れるので、姿を追うだけでも冬場に鈍った観察眼を取り戻す良い目慣らしになります。

今回観察した生きものは、どれも大きさ(高さ)5cm以下でしたが、姫・小・大と体格表現が多彩だなと感じました。


弟子屈町 2021年4月29日 

このページのトップヘ